北京中関村の起業地区にコックピット型「睡眠施設」

北京中関村の起業地区にコックピット型「睡眠施設」。

タグ: 中国市場

発信時間: 2017-07-13 17:27:20 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

北京中関村の起業地区にロケットのコックピットのような「睡眠施設」が登場した。店員によると、この施設は今年6月にスタートしたばかりという。利用者は同施設のQRコードをスキャンしてコックピットに入り、思い思いに休息をとる。料金は分刻みに設定され、ピークの時間帯は30分で10元(約167円)、それ以外の時間帯は同6元(約100円)になる。コックピット内にはクーラー、読書灯が備わり、利用ごとに内部は紫外線消毒される。また緊急時の非常ドアも備わり、設備の故障時にも安心だ。利用のピークは昼頃で、夜は残業族が一夜を過ごす「旅館」になる。一財網が伝えた。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年7月13日

TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。