不動産市場の変化、開発から賃貸重視へ

不動産市場の変化、開発から賃貸重視へ。

タグ: 不動産市場 賃貸・販売同時実施 財産権共有 

発信時間: 2017-08-07 17:54:04 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

北京市住房・城郷建設委員会は7月11日、「北京住房・城郷建設発展白書」(2017)を発表した。白書は「北京市の不動産市場発展の実情を立脚点とし、金融・土地・財政・税務・投資・立法などの手段を研究・総合活用し、不動産市場の持続可能で健全な発展を促進する長期的なメカニズムの構築を急ぐ」とした。

昨年から現在まで、北京は「賃貸・販売同時実施」「財産権共有」などの新制度を打ち出している。「保障性住宅(福利政策住宅)の建設と購入・賃貸を同時実施する不動産供給システムの建設の支持」が、今年下半期の金融システムの重点的な取組内容になる。

全国的に見ると、北京の政策は往々にしてバロメータの意味を持つ。北京の政策をモデルとし、現在の不動産市場の新制度を解読することができる。

北京の20以上の土地、開発業者自らが所有権を持つ必要あり

「賃貸・販売同時実施」がトレンドに

激しい競争をへて、金科地産集団は8月1日、19億9000万元で北京市平谷区夏各荘の2カ所の土地を取得した。この土地の2割以上は開発業者自らが所有権を持つ必要のある土地だ。

1   2   3    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。