北京初の中低速リニアモーターライン、試験運行を開始

北京初の中低速リニアモーターライン、試験運行を開始。

タグ:中国リニア

発信時間:2018-01-03 15:26:13 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

  

中国の国防科技大学のリニア交通技術を採用した北京初の中低速リニアモーターライン「S1線」が2017年12月30日、正式に試験運行を開始した。これは長沙リニア快速線以降、中国が建設した第二の中国の知的財産権を有する中低速リニアモーターラインであり、[軍民融合]のもとの技術革新のもう1つのブレークスルーでもある。


 「S1線」は西は門頭溝から、東は石景山区の苹菓園まで、全長10.236キロ、現在は金安橋駅までの開通で、距離は約8.9キロとなっている。

1  2  >  


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで