中国、1月の輸出入が前年比16.2%増  内需の高まりが原因に

中国、1月の輸出入が前年比16.2%増  内需の高まりが原因に。

タグ:中国輸出

発信時間:2018-02-09 16:52:05 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

中国の税関の統計によると、今年1月、中国の物品貿易の輸出入総額は前年同期比16.2%増の2兆5100億元(1元は約17.2円)だった。うち、輸出は前年同期比6%増の1兆3200億元、輸入は同比30.2%増の1兆1900億元だった。貿易黒字は1358億元と、59.7%縮小した。人民日報が報じた。

1月、中国の一般貿易の輸出入額は前年同期比18.5%増の1兆4700億元と、貿易総額の58.6%を占め、昨年同期比1.1ポイント上昇となった。中国の「一帯一路」(the Belt and Road)参加国との輸出入総額は前年同期比17.8%増の6948億8000万元で、全体の増加ペースを1.6ポイント上回った。

輸出の分野では、1月、メカトロニクス製品の輸出が増加したのに対して、紡績・衣服など一部の伝統的な労働密集型製の輸出は減少した。輸入の分野では、1月、鉄鉱石、原油、大豆などの主な一般商品の輸入量が増加し、輸入平均価格は上昇したものもあれば、下落したものもあった。

1月に輸入が大幅に増加したのは内需の要素と関係があり、中国国内の需要が高まり、主な一般商品の輸入の必要性が顕著に高まったと分析されている。また、基数の要素もあり、昨年1月の輸入基数が低かったこと、また、春節(旧正月、今年は2月16日)を目前に控えていることとも関係があると見られている。その他、1月、対ドルで3%以上人民元高となり、ある程度輸入の増加につながった。 (編集KN)

「人民網日本語版」2018年2月9日


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで