中国、中間層の国民が世界最多に

中国、中間層の国民が世界最多に。

タグ:中国中間層

発信時間:2018-03-09 16:44:22 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

中国第13期全人代第1回会議が5日、北京で開幕し、国務院の李克強総理は政府の業務報告の際、「ここ5年、中国の国民の生活は継続的に改善した。住民の所得は年間平均7.4%のペースで増加し、経済の成長ペースを上回った。そして、世界で最も多い中間層を抱えるようになっている」と説明した。人民日報が伝えた。

中国国家発展・改革委員会の何立峰・委員長によると、中国の人口は現在14億人で、うち、中間層の数が4億人以上に達していると試算されている。また、その数は増加の一途をたどっており、中国の市場を成熟させていくうえで、良い環境と条件が整うようになっている。中国の消費市場は非常に見通しが明るく、2018年、消費の経済成長に対する牽引力は約60%に達している。

中国国家統計局の統計によると、17年、中国全土の住民一人当たりの可処分所得は2万5974元(約43万6300円)、中央値は2万2408元(約3万7600円)だった。中国は17年、経済、社会発展の主な目標を上回って達成した。国内総生産(GDP)の成長率は6.9%で、住民の所得は7.3%増加した。増加ペースは共に前年を上回った。

何委員長は、「中国は今後、より開放的な政策を実施し、門戸をより広げるようになる。また、中産階級の消費水準を一層向上させ、消費規模を一層拡大させると中国は決意し、それが可能だと確信している」と語った。

1  2  >  


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで