ホーム>>文化>>科学技術
ハダカムギのインスタントラーメンが生産へ 
発信時間: 2009-07-17 | チャイナネット

拉薩(ラサ)市投資管理局は、国内の企業が1300万元を投資して、ハダカムギのインスタントラーメンを西蔵(チベット)で生産する計画であることを明らかにした。ハダカムギを原料にしたインスタントラーメンが生産されるのは、チベットでも初めて。新華社が15日伝えた。

ハダカムギは、中国のチベット、青海、雲南のほか、ボリビアなど高海抜地域で生産される。特に、チベットは世界でも唯一、大規模かつ集中的にハダカムギを植えている地域であり、植付け面積が現地の農作物の60%を占め、毎年55-60万トンのハダカムギが収穫される。

ここ数年、ハダカムギが世界の麦類の中でβグルカンが最も豊富に含まれる作物であるとわかった。βグルカンは、腸を掃除し、血糖を調節し、コレステロールを下げ、免疫力を高めるといった4つの作用があるといわれている。ハダカムギにβグルカンが豊富に含まれることがわかり、ハダカムギの付加価値は大きく高まった。そして、チベットのハダカムギの産業化は巨大な市場を前にしている。

「人民網日本語版」 2009年7月17日

  関連記事

· 魅力的なチベット・墨脱県

· 無人ヘリ、チベット高原で航空撮影に成功

· 金融危機の下でも、チベット支援の度合は変わらず

· チベットの農牧民に中央が物資を寄贈

· チベット旅行、値下げ効果で観光客増

  同コラムの最新記事

· 月面の地名、中国語訳を公開募集

· 国産新ジェット機、 上海から西安へ移転完了

· 北京、リニア路線を建設へ 最高時速約100キロ

· 中パ共同生産の戦闘機「JF-17」 パキスタンで組み立て開始

· 無人ヘリ、チベット高原で航空撮影に成功