中秋の名のいわれ

毎年陰暦八月十五日は、中国の伝統的な中秋節である。どうして中秋節というのだろうか?

古い暦法の説明によると、陰暦八月は秋季(秋季は七、八、九の三ヵ月)の中間にあり、八月十五日は(八月は三十日間)はまた八月のまん中に当たるので、それで中秋節というのだそうだ。中秋の夜は、月がもっとも明るく、もっとも丸く、月の光ももっとも美しい。中国人は月の丸いのを団らんの象徴と見なし、このため八月十五日を「団らんの節句」とも呼んでいる。

中秋節が佳節となったのは、月にかんするいろいろな美しい神話と伝説に由来する。なかでもいちばん有名なのは「嫦娥、月に奔る」で、人々の言い伝えによると、遠い昔、十の太陽がいちどきに空にあらわれ、何処もかしこも「日光は火にも似て、四海は沸きたち、山は崩れ地は裂け、草木は枯れ焦れた」という状態になってしまい、人々は隠れる場所がなくなった。この時、后羿が勇敢にも巧みな射術で、天に向かって弦をひき、ひと息に九つの太陽を射落とし、一つだけ残した。人々を災難から救った后羿は、大きな手柄をたてたため、皆から尊敬されるようになり、王にとりたてられた。けれども、皇帝になってからの后羿は酒色にひたり、任意に人を殺す暴君になってしまい、人々の恨みをかうようになった。后羿は自分でも身の危険を感じ、昆侖山の王母娘娘のところへいって、不死の薬をもらってきた。妻の嫦娥は彼がいつまでも死なないのを恐れ、人々の害を除くために、その薬を盗んで自分で飲んでしまった。すると、足元から風がわきあがって、身体が雲のように軽くなり、ひょうひょうと空に舞い上がっていった。もう夜はふけていて、一輪の明月が空にかかり、何とも言えぬほど美しい。嫦娥はつねづね月を愛していたので、こうなったら月の宮殿にいって暫く住もうと思った。とたんに風向きが強くなり、あっというまに月の宮殿に到着した。そこにはひとりの呉剛という老人がいた。呉剛は仙人だったが、誤ちを犯し、罰として月の宮殿で月桂樹を切らされていた。けれども、切った月桂樹はすぐさまあわさってしまい、永遠に切り倒すことができなかった……。これはなんと面白い伝説だろう!

人類が自然界に対して、いまだに原始的な認識しかない段階では、月の中の陰影の現象を解明することができなかった。それで美しい物語を創作して、自分たちの善良な願いを託した。これらの趣のある伝説は、中秋節をより楽しいものにし、詩情と画意にみちた風習となって伝わってきている。

 

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2018年9月19日

 


 

 

Copyrights © 2001 China Internet Information Center. All Rights Reserved
Email: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000