ホーム>>生態環境>>自然環境
中国各地で豪雨による被害が続出
発信時間: 2009-07-08 | チャイナネット

南京市 2時間に及ぶ豪雨で市内は交通渋滞に

 

中国の6省・市で豪雨、被災者は3937万人

広西チワン族自治区の卡馬ダムでは、6日の1733分頃から水門を開けて水を放出し始めた。卡馬ダムは連日の強い雨で水位が上昇し、広西チワン族自治区の政府はダムの下流に住む約1万人の市民の生命と財産の安全を保つために、卡馬ダムの水を放出するこを決めた。

融水ミャオ族自治県の教育局によると、洪水で孤立していた融水県和睦鎮中学校の約300人の学生へは飲み水や食料が届けられ、状況は落ち着いているという…

 

中国22省で洪水、99人が死亡21人が行方不明

 国家洪水防止干ばつ対策総指揮部弁公室の統計データによると、630日までに中国の22の省(区と市)と新疆ウイグル自治区生産建設兵団で洪水による災害が発生し、この災害による農産物の被害面積は152万ヘクタールに達し・・・

福建省で雷と豪雨

 

牡丹江市で豪雨とひょう 農作物に被害

 

チチハルで豪雨

 

重慶で長江の増水ピーク

 

北京で大雨 暑さも一息

 

重慶市で豪雨、6人が死亡129万人が被災

 重慶市洪水防止事務室の30日の情報によると、27日から豪雨と落雷に見舞われた重慶市の18の区と県では、1295400人が被害を受け1人が死亡1人が行方不明になり、27925人が緊急避難した。被害を受けた農産物の面積は3458ヘクタールで、倒壊した家屋は3494戸・・・

詳細へ

中央政府、洪水被災地に緊急資金1億元超を拠出

 民政部が5日午後4時発表した被災救援業務通達によると、財政部、民政部は広西、江西、湖南、湖北、貴州、重慶の6省(自治区・直轄市)に対し、中央災害救助緊急資金として12600万元を緊急拠出することを決定した・・・

詳細へ

淮河流域の洪水防止対策は非常に深刻な状況

 国家洪水防止干ばつ対策総指揮部弁公室ウェブサイトの情報によると、指揮部の副指揮官を務める水利部の鄂竟平副部長は、9日に行われたビデオコンファレンスで、「淮河流域での洪水防止対策は今後7日間、厳しい状況で、住民を避難させて堤防を破壊する『行洪区』と、『行洪区』から流れ出した水を一時的に貯める『蓄洪区』には約70万人の人が住んでおり、『蓄洪区』と現地住民の矛盾は際立っている」と語った・・・

詳細へ

 

「チャイナネット」 2009年7月

 
  関連記事