ホーム>>映画>>スター
谷村新司
発信時間: 2009-03-31 | チャイナネット

音楽家・上海音楽学院常任教授・南京芸術学院名誉教授。

1971年、堀内孝雄とアリスを結成。1972年3月「走っておいで恋人よ」でデビュー。5月に矢沢透が参加。「冬の稲妻」「チャンピオン」など数多くのヒット曲を出し、1981年に活動停止。ソロ活動としては、「いい日旅立ち」「昴」「サライ」など、日本のスタンダード・ナンバーともいえるヒット曲を世に送り出す。長年に渡りライフワークとして続けているアジア諸国のアーティストとの交流、そして若手の育成に貢献し、その発表の場作りに尽力している。2004年に上海音楽学院の教授に就任。現代音楽の授業を通して、中国の若者たちに音楽のココロを伝えている。

2004年10月1日夜、アジアの大スターを集めたコンサート「泰達時代の夕べ」が、天津泰達サッカー・スタジアムで行われ、日本のニューミュージックの大御所である谷村新司さんが熱唱した。

2004年11月5日夜、谷村新司さん、譚咏麟さん、チョー・ヨンピルさんら日・中・韓の大物歌手が共演するコンサートが上海で開かれた。

「チャイナネット」2009年3月31日

  関連記事
  同コラムの最新記事

· 『ジョン・ラーベ』に出演した張静初

· Gackt

· 声優古谷徹

· 阿里郎(ARIRANG、アリラン)

· 韓国女優 ハン・ジヘ