ホーム>>映画>>中日映画交流
「南京!南京!」日本人俳優:強姦シーンで女優に触れない
発信時間: 2009-04-24 | チャイナネット

「こんな映画の撮影で東京に呼ばれても、私だったら絶対にできない。1千万元くれても行かないよ。私だったら耐え切れない。でも彼らは今ここにいる」。

作品中の大部分の演技は陸川監督と日本人俳優が相談しながら撮影したものだ。あるシーンでは子供が日本人に絞め殺される。このシーンを撮影した後に日本人俳優は陰に隠れて泣いていたという。「もう耐えられない、家に帰りたい」と。「私が招いた日本人俳優は9カ月も私につきあってくれた。もし同じようなことを私本人に要求されても、例えばこんな映画の撮影で東京に呼ばれても、私だったら絶対にできない。1千万元くれても行かないよ。私だったら耐え切れない。でも彼らは今ここにいる」。

強姦シーンを撮影する際、日本人俳優は女優の体にどうしても触れなかった。陸川監督は彼らに言った。「君らが演じないなら、この女の子たちはずっと裸のままでいなければならない」。そして撮影が終了し、監督が「OK」と叫ぶと、日本人俳優はすぐさま女優たちに服を渡してお辞儀をしたという。「この一部始終を私は目にした」と陸川監督と語る。

「人民網日本語版」2009年4月23日

  関連記事

· 『南京!南京!』女子大生のヌードの慰安婦役に激論

· 「南京!南京!」陸川監督:特殊効果に海外からの応援なし

· 「南京!南京!」陸川監督:戦場となった南京城を復元

· 「南京!南京!」陸川監督:一人で脚本を手がける

· 「南京!南京!」陸川監督:自分がまるで「詐欺師」に

  同コラムの最新記事

· 「南京!南京!」出演の江一燕:涙の日本人俳優を励ます

· 陸川監督「日本兵を妖怪に仕立てるのは無益」

· 「南京!南京!」日本人俳優:日本人居住区に拠点を設定

· 読者:映画『南京!南京!』の記事に涙

· 『南京!南京!』の試写会で日本人俳優が涙