中国の特色ある社会主義の総体的な依拠

发布时间: 2014-11-18 | 来源: japanese.china.org.cn

中国の特色ある社会主義の総体的な依拠

中国の特色ある社会主義が総体的に依拠するのは社会主義初級段階である。社会主義初級段階とは中国の基本的な国情、基本的な実情である。中国共産党と中国政府は如何なる状況下でも、この国情をしっかり把握しなければならず、如何なる分野の改革、発展を推進するにしても、この実情をしっかり踏まえなければならない。経済建設において終始初級段階に立脚すべきだけでなく、政治建設、文化建設、社会建設、エコ建設においても、終始初級段階を忘れてはならない。また経済総量が低い時に初級段階に立脚すべきだけでなく、経済総量が高くなってからも初級段階という判断をしっかり覚えておかなくてはならない。さらに長期的な発展計画を立てるときに初級段階に立脚すべきだけでなく、日常活動においても初級段階という判断をしっかり覚えておかなくてはいけない。

中国特色社会主义的总依据

中国特色社会主义的总依据是社会主义初级阶段。社会主义初级阶段是当代中国的基本国情、基本实际。中国共产党和中国政府在任何情况下都要牢牢把握这个国情,推进任何方面的改革发展都要牢牢立足这个实际。不仅在经济建设中要始终立足初级阶段,而且在政治建设、文化建设、社会建设、生态文明建设中也要始终牢记初级阶段;不仅在经济总量低时要立足初级阶段,而且在经济总量提高后仍然要牢记初级阶段;不仅在谋划长远发展时要立足初级阶段,而且在日常工作中也要牢记初级阶段。