貧困脱却扶助という難関攻略

发布时间: 2015-09-07 | 来源: japanese.china.org.cn

貧困脱却扶助という難関攻略

改革開放 30余年来、中国の経済・社会の発展は大変大きな成果を収め、人民の生活水準は全般的に大きく変化し、数億の人々が貧困から脱却し、この期間、全世界の 70%を超える貧困を減少させる任務を達成した。しかし中国はまだ社会主義の初級段階にあるし、また中国は大きな国であり、各地の発展条件も異なるので、貧困脱却扶助・開発活動は依然として任重くして道遠しである。貧困脱却扶助の基準となる農民年一人当たり純収入を 2300元とすると、2012年末までに全国農村の貧困脱却扶助対象者はまだ 1億 2000万人余りにも上ることになる。2014年より、中国は毎年 10月 17日を「貧困脱却扶助日」と定めた。中国は資金投下への取り組みにさらに大きな力を入れて、社会の各方面の力を動員して共に貧困に宣戦を布告し、貧困脱却扶助・開発活動を踏み込んで推進し、引き続き貧困脱却扶助という難関攻略を行い、生活困窮層が一日も早く貧困から抜け出して豊かになり、貧困脱却扶助の対象を食べ物や着るものに事欠かないようにし、義務教育、基本的医療、住宅を保障し、貧困地域での経済・社会の発展の加速化を促すよう努める。

打好扶贫攻坚战

改革开放 30多年来,中国经济社会发展取得很大成就,人民生活水平总体上发生很大变化,几亿贫困人口脱贫,完成这期间全世界超过 70%的减贫任务。但由于中国还处在社会主义初级阶段,由于国家大、各地发展条件不同,中国还有为数不少的困难群众,扶贫开发依然任重道远。按照农民年人均纯收入 2300元的扶贫标准,到 2015年底,中国农村贫困人口还有 5575万人;按世界银行的标准,中国农村贫困人口大约还有2亿多。可见,中国扶贫的工作已经进入“啃硬骨头”阶段。这种背景下,从 2014年开始,中国将每年 10月 17日设立为“扶贫日”。中国将加大投入力度,动员社会各方面力量共同向贫困宣战,深入推进扶贫开发,继续打好扶贫攻坚战,帮助困难群众早日脱贫致富,稳定实现扶贫对象不愁吃、不愁穿,保障其义务教育、基本医疗、住房,努力推动贫困地区经济社会加快发展。