瀛台会見

发布时间:2015-10-21 | 来源:japanese.china.org.cn

瀛台会見

2014年11月11日夜、中国の習近平国家主席とアメリカのオバマ大統領は北京中南海瀛台で中米関係および両国が共に関心を寄せる重要問題と地域問題について、率直、かつリラックスした非公式の会見をおこなった。

両国元首は瀛台を散歩するというリラックスした形で長時間にわたる会見を行った。習近平主席は、故事を現実に喩えるよう、オバマ大統領に瀛台の歴史を解説した。習主席は、現代中国人の思考、中国政府の国政運営策には、中国の伝統文化の遺伝子が染み込んでいると説明し、中米両国は国情、歴史文化、発展の道、発展段階が異なり、互いに理解し合い、互いに尊重し合い、一致点を集めて相違点を解消し、和して同ぜずであるべきだと語った。それに対し、オバマ大統領は次のように応えた。会談により、中国の国情および中国政府と指導者の執政理念についての理解が深まり、中国人民がなぜ国家の統一と安定を重視するのかさらに深く理解できた。アメリカは中国を封じ込め、または包囲するつもりはなく、中国側と率直で誠意のある対話をし、互いの理解を深めたいと考えており、中国が国際舞台で重要な建設的役割を果たすことを歓迎する。またアメリカは、中国側と手を取り合って様々な世界的問題に対処し、アジア太平洋と世界の平和と発展を共に促進したいと考えている。

瀛台会見は、中米両国元首がアメリカ・カリフォルニア州で行ったサニーランズでの「ノーネクタイ」の非公式会見後の中米首脳外交の革新であり、それは双方の戦略レベルでの相互理解をはかり、戦略的相互信頼を深めるのにプラスである。また、この会見は、中米の新しいタイプの大国関係を構築するという中米両国の決心を示している。

瀛台会晤

2014年 11月 11日晚,中国国家主席习近平同美国总统奥巴马在北京中南海瀛台就中美关系及共同关心的重大国际和地区问题,进行了坦诚、轻松的非正式会晤。两国元首以瀛台漫步的轻松形式展开了长时间的会晤。习近平借古喻今,向奥巴马讲述了古老瀛台的历史由来。他说,当代中国人的思维、中国政府的治国方略,浸透着中国传统文化的基因。中美国情各异,历史文化、发展道路、发展阶段不同,应该相互理解,相互尊重,聚同化异,和而不同。奥巴马总统对此回应道,会谈加深了他对中国的国情以及中国政府和领导人执政理念的了解,更加理解中国人民为何珍惜国家统一和稳定,美国无意遏制或围堵中国,愿意同中方坦诚沟通对话,增进相互了解,欢迎中国在国际事务中发挥建设性作用,愿同中方携手应对各种全球性挑战,共同促进亚太和世界和平与安全。瀛台会晤是继中美两国元首在美国加州安纳伯格庄园举行“不打领带”的非正式会晤后,中美首脑外交的又一创新安排,有利于双方在战略层面理解彼此意图,增进战略互信,展现了中美两国致力于构建中美新型大国关系的决心。