パターン転換、構造調整、成長安定化

发布时间:2016-01-04 | 来源:japanese.china.org.cn

パターン転換、構造調整、成長安定化

「第 12次五ヵ年計画(2011~ 2015年)」以来、「パターン転換、構造調整、成長安定化」は一貫して中国のマクロ経済及び各部門・各地域の重要な政策目標となっている。パターン転換とは、経済発展パターンを粗放型成長から集約型成長に、低レベルな経済構造から高レベルな、最適化した経済構造に転換して、単純な経済成長から全面的で調和のとれた持続可能な発展に転換することである。構造調整とは、国民経済の各構成部分の地位と相互比例関係を調整して、そのさらなる合理化、高度化をめざし、生産力の発展に適応するうえにそれを促す。成長安定化とは、内需の拡大と外需の安定を堅持して、実体経済を大いに発展させ、様々な不安定要素と不確定要素からくる影響の克服に努め、経済の平穏な動きを保つことである。

转方式、调结构、稳增长

自“十二五规划”(2011-2015)以来,“转方式、调结构、稳增长”一直是中国宏观经济及各部门各地区的重要政策目标。转方式,就是推动经济发展方式由粗放型增长到集约型增长,从低级经济结构到高级、优化的经济结构,从单纯的经济增长到全面协调可持续的经济发展的转变。调结构,就是通过调整国民经济各组成部分的地位和相互比例关系,使其更加合理化、高级化,适应并促进生产力的发展。稳增长就是坚持扩大内需、稳定外需,大力发展实体经济,努力克服各种不稳定不确定因素的影响,保持经济平稳运行。