大衆による起業・革新

发布时间:2016-12-16 | 来源:japanese.china.org.cn

大衆による起業・革新

習近平総書記は 2014年 12月の中央経済工作会議で「大衆による起業、市場主体による革新に有利な政策・制度上の環境を作らなければならない」と述べた。それより少し前の 2014年 9月に開かれた夏季ダボス会議で、李克強総理は「大衆による起業」「草の根の起業」の新しい潮流を起し、「万民による革新」「人々による革新」の新たな局面を作り上げなければならないと指摘した。「大衆による起業・革新」は中国経済の質・効率・レベルの向上を実現するための「新エンジン」であり、その目的は人民大衆の主体的地位を尊重して、彼らの無限の創造力を十分に発揮させ、人々が現代化のプロセスに等しく関わり、改革のボーナスと発展の成果をともに分かち合えるようにすることにある。大衆による起業・革新を推し進めることにより、雇用が拡大して住民の収入が増加し、それは社会の縦方向の流動と公平主義を促すのにプラスとなり、同時に中国の民衆が富の創造のプロセスに加わり、精神面での欲求を追求し、自らの価値をよりよく実現するようにすることができる。

大众创业、万众创新

习近平在 2014年 12月的中央经济工作会议上提出要“营造有利于大众创业、市场主体创新的政策制度环境”。此前,李克强在 2014年 9月的夏季达沃斯论坛上也曾提出,要掀起“大众创业”“草根创业”的新浪潮,形成“万众创新”“人人创新”的新态势。“大众创业、万众创新”是实现中国经济提质增效升级的“新引擎”,其目的在于尊重人民群众的主体地位,充分发挥其无限创造力,让他们平等参与现代化进程、共同分享改革红利和发展成果。推动大众创业、万众创新,可以扩大就业、增加居民收入,有利于促进社会纵向流动和公平正义,同时也可以让中国民众在创造财富的过程中,更好地实现精神追求和自身价值。