的確な貧困対策、的確な貧困脱却措置

发布时间: 2016-12-17 | 来源: japanese.china.org.cn

的確な貧困対策、的確な貧困脱却措置

2014年 12月 11日に閉幕した中国の中央経済工作会議で、初めて中央レベルの活動で的確な貧困脱却措置の概念が明確に提起された。2015年 6月 18日、習近平総書記は貴州省視察の際に、貧困対策・開発は「的確であることが重要かつ肝要で、的確がこの事業の成否を決める」と強調し、「的確な貧困脱却措置」はその後、社会の各界の間でホットなキーワードとなった。2015年 11月 3日に公表された「国民経済・社会発展第 13次五ヵ年計画の策定に関する中共中央の提案」では、「的確な貧困対策、的確な貧困脱却措置」のさらなる配置がなされている。的確な貧困脱却措置とは、所得の「平均値」によって「大多数の人々」が覆い隠されることを防ぐことではなく、基本的国民生活の保障により意を注ぎ、低所得の人々の生活により関心を払うことである。的確な貧困対策とは、貧困人口を的確に特定し、貧困からの脱却を的確に手助けし、貧困対策に対する的確な管理を行うことである。中央は的確な貧困対策、的確な貧困脱却措置を明確に提起したのは、中国の貧困対策・開発がすでに「硬い骨のような難題にかじりつき、難関を攻め落とす」ラストスパート期に入っているためである。「的確」の目標を真に実現するために、習総書記は「貧困対策の対象を的確に、各家庭への措置を的確に、プロジェクトの設計を的確に、資金の使用を的確に、村の状況に応じた人員派遣を的確に、貧困対策の効果を的確に」という具体的要求を提起した。

精准扶贫、精准脱贫

2014年 12月 11日闭幕的中国中央经济工作会议,首次在中央工作层面明确提出了精准脱贫的概念;2015年 6月 18日,习近平在贵州调研时强调,扶贫开发“贵在精准,重在精准,成败之举在于精准”,“精准扶贫”随后成为社会各界热议的关键词。2015年 11月3日发布的“十三五规划建议”中,进一步作出“实施精准扶贫、精准脱贫”的工作部署。精准脱贫,就是要防止用经济收入的平均数掩盖大多数,更加注重保障基本民生,更加关注低收入群众生活。精准扶贫,则是要做到对贫困人口进行精确识别、精确帮扶,对扶贫工作做到精确管理。中央明确提出精准扶贫、精准脱贫,是因为中国的扶贫开发工作已进入“啃硬骨头、攻坚拔寨”的冲刺期。为了真正实现“精准”目标,习近平提出了“扶贫对象精准、措施到户精准、项目安排精准、资金使用精准、因村派人精准、脱贫成效精准”的具体要求。