革新による発展

发布时间:2016-12-19 | 来源:japanese.china.org.cn

革新による発展

「五つの発展理念」の一つである革新による発展とは、中国の発展の原動力に関する問題の解決に着眼する考えである。中国の指導者は革新を「発展をリードする第一の原動力」と位置づけ、これにより、要素駆動から革新駆動への転換、規模の拡大から質と効率の向上への転換が実現し、革新によって経済をリードし、下支えする体系と発展モデルが早期形成されるよう期待している。第 13次五ヵ年計画期間中、中国は発展の軸足を革新に置いて、自主革新能力を強化するように調整し、△発展の新たな原動力を育成する、△発展の新たな領域を切り開く、

△革新駆動発展戦略を踏み込んで実施する、△農業の現代化を大いに推進する、△産業の新体系を構築する、△発展の新体制を構築する、△マクロコントロールを刷新し、健全なものにするといった七つの力点をベースに、革新による発展を実施するロードマップを描いた。

创新发展

作为“五大发展理念”之一,创新发展注重的是解决中国发展的动力问题。中国领导人把创新作为引领发展的第一动力,期望以此实现从要素驱动转向创新驱动、从依赖规模扩张转向提高质量效益,加快形成以创新为主要引领和支撑的经济体系和发展模式。“十三五”期间,中国将把发展基点放在创新上,增强自主创新能力,并从培育发展新动力、拓展发展新空间、深入实施创新驱动发展战略、大力推进农业现代化、构建产业新体系、构建发展新体制、创新和完善宏观调控方式等七个着力点,绘制、实施创新发展的路线图。