共有を目指す発展

发布时间:2016-12-19 | 来源:japanese.china.org.cn

共有を目指す発展

「五つの発展理念」の一つである共有を目指す発展が着眼するのは、社会の公平と正義に関する問題の解決である。人民大衆が改革・発展の成果を共有できるようにすることは、社会主義の本質的要求であり、社会主義制度の優位性を集中的に具現化したものでもあり、中国共産党が堅持する誠心誠意人民に奉仕するという根本的主旨に基づく必然的な選択でもある。共有を目指す発展には、公平と正義を促し、人間の全面的発達を実現するという明確な方向性がある。中国は共有を目指す発展の配置を八つの方面から行った。それはつまり、△公共サービスの供給を増やすこと、△貧困脱却難関攻略プロジェクトを実施すること、△教育の質を向上させること、

△就業・起業を促進すること、△所得格差を縮小させること、△より公平でより持続可能な社会保障を確立すること、△「健康中国」の建設を推進すること、△人口のバランスのとれた発展を促進することなどである。これは効果的な制度設計であり、中国が第 13期五カ年計画期間中に共有を目指す発展を推し進めるための重要な力点である。

共享发展

作为“五大发展理念”之一,共享发展注重的是解决社会公平正义问题。让人民群众共享改革发展成果,是社会主义的本质要求,是社会主义制度优越性的集中体现,也是中国共产党坚持全心全意为人民服务根本宗旨的必然选择。共享发展的明确指向,在于促进公平正义,实现人的全面发展。中国就共享发展作出增加公共服务供给、实施脱贫攻坚工程、提高教育质量、促进就业创业、缩小收入差距、建立更加公平更可持续的社会保障制度、推进健康中国建设、促进人口均衡发展等八个方面的部署。这既是有效的制度安排,也是中国“十三五”期间推动共享发展的重要着力点。