国家ビッグデータ戦略

发布时间:2016-12-19 | 来源:japanese.china.org.cn

国家ビッグデータ戦略

ビッグデータは容量が大きい、種類が多い、アクセス速度が速い、応用価値が高いという特徴をもつデータの集まりである。2014年 3月、ビッグデータが初めて中国の政府活動報告に盛り込まれた。2015年 10月、中国共産党第 18期中央委員会第五回全体会議(以下第 18期五中全会と略)で「国家ビッグデータ戦略を実施し、データ資源の開放・共有を推進する」と正式に提起された。これは中国がビッグデータを戦略的資源と位置づし、国家戦略と昇格させ、それを用いて経済発展を推進し、社会管理を健全なものにし、政府のサービス能力と監督管理能力の向上を目指していることを示している。この戦略によって、中国政府の管理は「権威による管理」から「データによる管理」への転換を触発され、政府と民衆とのインターネットを介してのコミュニケーションを促進し、政府の各種事件と問題への対応のインテリジェンス化のレベルを引き上げることができる。同時に、中国は国家ビッグデータ戦略を通じて、ビッグデータの発展のためのコア技術の研究開発と応用を加速させ、国の総合的競争の優位性を再びつくり、将来の発展のために機先を制すことなどが望まれる。

国家大数据战略

大数据是以容量大、类型多、存取速度快、应用价值高为主要特征的数据集合。2014年 3月,大数据首次写入中国中央政府工作报告;2015年 10月,中共十八届五中全会正式提出“实施国家大数据战略,推进数据资源开放共享”。这表明中国已将大数据视作战略资源并上升为国家战略,期望运用大数据推动经济发展、完善社会治理、提升政府服务和监管能力。此举可以促使中国政府从“权威治理”向“数据治理”转变,促进政府与民众的沟通互联,提高政府应对各类事件和问题的智能化水平。同时,中国希望通过推行国家大数据战略,加快大数据发展核心技术研发及应用,重构国家综合竞争优势,赢得未来发展先机。