京津冀協同発展

发布时间:2016-12-19 | 来源:japanese.china.org.cn

京津冀協同発展

京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展は中国の重要な国家戦略であり、その中核は北京の首都機能以外の都市機能を秩序立てて分散させ、経済構造と空間構造を調整して、人口・経済密集地域を最適化する開発方式を模索し、地域の調和発展を促して、新たな発展の道を切り開くことである。京津冀協同発展の範囲は北京市、天津市及び河北省の保定市など 11の地区クラス市を含んでおり、三つの重点分野は環境保護、交通及び産業の移転とグレードアップである。中国政府が発表した「京津冀協同発展計画要綱」の際立った特徴は、発展の模索によって環境問題と経済問題を解決するとともに、環境に対する拘束性指標によって発展の基礎を築くことである。

京津冀协同发展

京津冀协同发展是中国的重大国家战略,其核心是有序疏解北京非首都功能,调整经济结构和空间结构,探索出一种人口经济密集地区优化开发的模式,促进区域协调发展,走出一条发展的新路子。京津冀协同发展的范围包括北京市、天津市以及河北省的保定等 11个地级市,环保、交通和产业升级转移是三个重点领域。中国政府发布的《京津冀协同发展规划纲要》的突出特点是,通过寻求发展来解决环境和社会经济问题,同时也通过环境的约束性为发展打下基础。