改革による軍隊強化戦略

发布时间: 2017-03-29 | 来源: japanese.china.org.cn

改革による軍隊強化戦略 

2015年11月24日、習近平主席は中央軍事委員会改革工作会議で改革による軍隊強化戦略の全面的実施に関する要求を出した。この戦略の目標は中国の人民解放軍を世界トップクラスの軍隊にすることで、基本的道筋は中国の特色ある軍隊強化の道を歩むことである。それは主に六つの方面の措置に分けられる。①中央軍事委員会による全般的監督、戦区による作戦の指揮、各種軍隊による軍建設の枠組みを構築する、②権力の行使に対する厳密な規制・監督体系を構築する、③人民解放軍が数量・規模重視型から質・機能重視型に転換するのを促す、④軍の戦闘力の新たな成長点を育む、⑤人材育成に関する体制の改革と政策の刷新をはかる、⑥経済建設と国防建設の融合発展を促す。改革を深めることにより、人民解放軍は2020年までに次の短期的目標を達成する。それはつまり、指導管理体制、統合作戦指揮体制の改革で大きな進展を見せること、軍隊の規模・構造の適正化や政策制度の充実化、軍民融合発展の促進などで重要な成果をおさめること、情報化戦争に勝ち、使命・任務を効果的に遂行できる中国の特色ある現代的軍事力体系を構築し、中国の特色ある軍事制度を充実させることである。

改革强军战略

2015年11月24日,习近平主席在中央军委改革工作会议上提出了全面实施改革强军战略的要求。这一战略的目标是把中国人民解放军建设成为世界一流军队,基本路径是走中国特色强军之路。主要有六方面的举措:一是形成军委管总、战区主战、军种主建的格局;二是构建严密的权力运行制约和监督体系;三是推动人民解放军由数量规模型向质量效能型转变;四是培育军队战斗力新的增长点;五是推动人才发展体制改革和政策创新;六是推动经济建设和国防建设融合发展。通过深化改革,人民解放军要在2020年前实现以下短期目标:在领导管理体制、联合作战指挥体制改革上取得突破性进展,在优化规模结构、完善政策制度、推动军民融合发展等方面改革上取得重要成果,努力构建能够打赢信息化战争、有效履行使命任务的中国特色现代军事力量体系,完善中国特色社会主义军事制度。