「インターネット+」行動計画

发布时间: 2017-03-29 | 来源: japanese.china.org.cn

「インターネット+」行動計画

李克強総理は2015年3月の全国「両会」(人民代表大会・政治協商会議)で行った政府活動報告で、初めて「インターネット+(プラス)」行動計画を提起した。この計画の全般的目標は、2018年までに、インターネットと経済・社会の各分野との融合発展をさらに深め、インターネットの新業態が経済成長の新たな原動力となることによって、インターネットが大衆による起業・革新をサポートする上でいっそうの役割を果たし、公共サービス提供の重要な手段となり、インターネット経済と実体経済との協同・相互作用という発展の枠組みを基本的に構築することにある。全般的構想は、世界の「インターネット+」発展の趨勢に合わせて、中国のインターネットの規模的メリットと運用上のメリットを十分に発揮させ、インターネットの活用を消費分野から生産分野に広げるとともに、産業発展のレベルアップを加速し、各産業の革新能力を増強して、経済・社会発展のための新たな優位性と新たな原動力をもたらす、というものである。「インターネット+」の発展の推進加速は、中国が積極的に経済発展の新常態(ニューノーマル)に適応し、さらにそれをリードすることによって、経済発展の新たな原動力を生み出し、中国経済の質・効率・レベルを向上させる上で重要な意義を持つ。

“互联网+”行动计划

李克强总理在2015年3月全国人大和全国政协“两会”的政府工作报告中首次提出“互联网+”行动计划。这一计划的总体目标是,到2018年,互联网与经济社会各领域的融合发展进一步深化,基于互联网的新业态成为新的经济增长动力,互联网支撑大众创业、万众创新的作用进一步增强,互联网成为提供公共服务的重要手段,网络经济与实体经济协同互动的发展格局基本形成。总体思路是,顺应世界“互联网+”发展趋势,充分发挥中国互联网的规模优势和应用优势,推动互联网由消费领域向生产领域拓展,加速提升产业发展水平,增强各行业创新能力,构筑经济社会发展新优势和新动能。加快推进“互联网+”发展,对中国主动适应和引领经济发展新常态,形成经济发展新动能,实现中国经济提质增效升级具有重要意义。