中欧班列

发布时间:2018-11-07 | 来源:japanese.china.org.cn

中欧班列

2011年3月、重慶を出発した中欧班列(中国-ヨーロッパ定期貨物列車)の第一便が新彊のアラ峠を通過して国境を越えた。このことは、鉄道が海運、空輸に次ぐユーラシア大陸をつなぐ第三の輸送通路になったことを示している。その後、「一帯一路」イニシアチブを推進する中で、中欧班列は速いスピードで発展した。2015年3月に中国が公表した「シルクロード経済ベルトと21世紀の海上シルクロード共同建設促進のビジョンとアクション」は、中欧班列を国の発展重点とすると明確に述べている。2016年6月8日より、中国鉄道は正式に「中欧班列」の統一ブランドを使い始めた。現在、40本の中欧班列が新彊、内蒙古、東北の三地から国境を越え、中央アジア、ロシア、中東欧、西ヨーロッパなどに向けて運行している。浙江省義烏市からロンドンに至る路線が2017年1月に開通したのにともない、「中欧班列」はヨーロッパ10カ国の15都市で運行されるようになった。統計によると、2016年に中国が運行した「中欧班列」は前年に比べ109%増の計1702本に達した。「レール上の『一帯一路』」である中欧班列は、中国と沿線諸国との相互連結を推し進め、単なる開放された「線」ではなくなり、開放された「面」のネットワークとなった。また、それは貨物輸送通路の機能を発揮するだけでなく、さらに多くの使命を担っており、世界の資金、資源、技術、人材などの産業要素を引き付け、グローバルな産業リンケージの機能も発揮することが期待されている。

中欧班列

2011年3月,自重庆出发的首趟中欧班列从新疆阿拉山口口岸出境,标志着铁路开始成为海运、空运之外连接亚欧大陆的第三条运输大道。此后,在“一带一路”倡议的推动下,中欧班列进入高速发展期。2015年3月中国发布的《推动共建丝绸之路经济带和21世纪海上丝绸之路愿景与行动》明确将中欧班列建设列为国家发展重点。2016年6月8日起,中国铁路正式启用“中欧班列”统一品牌。目前,40条中欧班列线经新疆、内蒙、东北三个方向出境,通往中亚、俄罗斯、中东欧、西欧等地。随着义乌至伦敦线于2017年1月开通,“中欧班列”的开行范围已覆盖欧洲10个国家的15个城市。据统计,2016年,中国共开行“中欧班列”1702列、同比增长109%。中欧班列作为“铁轨上的‘一带一路’”,推进了中国与沿线国家的互联互通,它不再只是一条条开放的线段,而是已形成一张开放的网络;它不仅发挥着货物运输通道的功能,而将承担更多的使命:吸纳全球资金、资源、技术、人才等产业要素,发挥全球产业衔接功能。