ホーム>>中日両国>>交流年
ジュディ・オング木版画展、中国美術館で開催
発信時間: 2008-09-17 | チャイナネット

中日平和友好条約締結30年を記念するため、中国人民対外友好協会、中国日本友好協会、天馬株式会社が主催する「翁倩玉(ジュディ・オング)木版画展」が、9月17日から25日にかけて中国美術館で行われる。

 

 

翁倩玉女史は、歌唱や演芸の面でも秀でている多才な木版画画家である。25歳から日本の木版画画家棟方志功氏の弟子・井上勝江氏に師事し、以来努力を重ね、最少限の色彩で最大限の色彩感を生み出す、特色のある風格をつくりあげた。

今回の展覧会では翁倩玉女史が30年間余りに創作した作品52点が展示される。そのうちの多くは受賞作品である。

翁倩玉女史は中国の発展と建設、中日友好事業に関心を寄せ、中日交流活動に積極的に参加している。今年、四川省で大地震が発生し、人命や財産の大きな損失をもたらした。翁倩玉女史は直ちに各界と連絡して7月に東京で慈善公演を行い、2791万668円の義捐金を地震被災地に寄付するなど、被災地の再建支援を希望している。

「中国国際放送局 日本語部」より2008年9月17日

  関連記事

· 五輪報道写真展 5日から中国美術館で開催

· 「平山郁夫芸術展」が中国美術館で開催

· 中国美術館で個展を催す最初の日本人画家・馬越陽子さんにインタビュー

· 日本の浮世絵・現代版画が中国美術館で展示

  同コラムの最新記事

· 中・露・韓・日を結ぶ国際輸送ルート開設へ

· 中日間の人材交流、「戦略的互恵関係」発展を促す

· 『草掬(くさむすび)』日中芸術作品展覧会

· 井村雅代コーチ、中日の交流深化に期待表明

· 上海国際芸術祭、「日本文化ウィーク」が目玉に