ホーム>>中日両国>>交流年
五輪開会式で日本選手団のプラカードを持った中国の女子学生
発信時間: 2008-09-25 | チャイナネット

2008年8月8日夜に行なわれた北京オリンピックの開会式では、入場する各国選手団を先導するプラカードを持った女性たちがいた。日本選手団のプラカードを持ったのは、北京大学外国語学院で日本語を専攻する2年生の趙晴さんだ。

「中日関係に貢献した人たちの交流会」に招かれた趙晴さん(左)

趙晴さん
  趙晴さんは、在中国日本大使館が9月24日に開催した「中日関係に貢献した人たちの交流会」に招かれ、プラカードを持つために訓練したステキな微笑みで、「日本の選手はとても親切で、一緒に写真を撮ろうと言う人が大勢いました」と、開会式の様子を話した。

「チャイナネット」2008年9月25日

  関連記事

· 「中日関係に貢献した人たちの交流会」が開催

· 中日両国の若者、北京で交流会

· 中日定期交流会議の第二回会合が北京で開催

· 日中友好スキー交流会が長野県で開催

· 発展改革委、日立と「エコ都市」めぐり技術交流会

  同コラムの最新記事

· 五輪開会式で日本選手団のプラカードを持った中国の女子学生

· ジュディ・オング木版画展、中国美術館で開催

· 中・露・韓・日を結ぶ国際輸送ルート開設へ

· 中日間の人材交流、「戦略的互恵関係」発展を促す

· 『草掬(くさむすび)』日中芸術作品展覧会