ホーム>>中日両国>>交流年
麻生首相夫人が北京少年宮を訪問 中国カンフーに夢中
発信時間: 2008-10-25 | チャイナネット

日本の首相夫人である麻生千賀子氏は25日、恭王府を見物した後、北京少年宮に訪れ、中国の学生によるカンフーや中国画の授業を見学し、オーケストラの演奏を聞いた。特に中国カンフーには、とても夢中な様子だった。

中国の学生によるカンフーを見学する千賀子夫人
カンフーを披露した学生と話し合う
 
カンフーを披露した学生と記念写真を撮る
 十数人の学生が披露した「双節棍」や、剣を使った武術では何度も拍手を送り、特に3人の学生が「九節鞭」というカンフーの武器を華麗に振りかざした演技では、演技終了後にとても興味深そうに、「これは何の武器ですか」と尋ね、自らそれを持ち、少年宮の教師に基本的な使い方を習った。
1   2   3    


  関連記事

· 麻生首相、ASEM首脳会合で中国に謝意

· 『中日平和友好条約』締結30周年記念レセプション 胡主席と麻生首相が挨拶 

· 温総理、麻生首相と会談 「我々は長年の友人」

· 温家宝総理が日本の麻生首相と会談

· 麻生首相のASEM出席を歓迎、中日関係の不断の改善を希望

  同コラムの最新記事

· 作家・吉田直氏著作の寄贈式が北京で開催

· 中国高校生代表団の第5陣、14日から日本訪問

· 日本の現代民謡Sootheが北京で公演

· 「中日関係に貢献した人たちの交流会」が開催

· 五輪開会式で日本選手団のプラカードを持った中国の女子学生