東京中国映画週間 諸説紛紛ある中、盛大に幕開け

東京中国映画週間 諸説紛紛ある中、盛大に幕開け。

タグ: 東京中国映画週間 諸説紛紛 盛大 幕開け 中国 日本 東京国際映画祭

発信時間: 2010-10-27 09:52:43 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

開会式での蘇有朋さん

中国と日本が釣魚島問題でぴりぴりしているなか、中国映画週間が東京でスタートを切った。10月24日、8部の素晴らしい中国映画が日本で公開され、日本の観客たちは中国の芸術作品の今と中国社会の人間味を感じ取る事ができただろう。

中国映画週間の幕開けの日、記者は会場に出向いたが、張り詰めた日中関係がどれほどの影響を及ぼしているかとひやひやしていた。しかし、会場の熱気は遥かに予想を超えるものであった。90個ある記者用の席は全て埋まり、多くの記者が立ったままで取材をせざるを得ない状況だった。東京有楽町にある日本でもっとも大きい映画館の一つ「TOHOシネマズ 日劇」の946個の座席はほぼ満席となり、中日両国の映画ファンで賑わっている。

中国映画の代表団が舞台に登場し、絶え間ない歓声のなか日本の観客たちへの挨拶が始まった。そして、何と言っても蘇有朋さんの登場は今回の目玉である。また、日本の有名な女優である常盤貴子さんも駆けつけ、開幕式に花を添えた。常盤さんは中国に特別な思い入れがあり、日本の仕事を全てなげうってまで香港に映画撮影に行ったというエピソードがある。そんな彼女の思いもあって、今回の開幕式での中日映画スターの交流という感動的な場面が生まれたのである。

オープニングを飾った「ボディーガード&アサシンズ(十月圍城)」の上映が終了すると、鳴り止まない万雷の拍手が送られた。その後、帰っていく日本人の観客に記者がインタビューしてみると、皆口を揃えて「日中関係のことはあまり気にしていない。中国映画に対する愛はどんなものの影響も受けない」と言うのであった。また、ある中国映画ファンの「『ボディーガード&アサシンズ』の映画自体は言うことなしだったけど、字幕があまりにもひどすぎる。字幕ミスのせいで会場がどよめき、映画に集中できなかった」と言う不満の声もあった。主催者側に対してもっと真剣に字幕に取り組んで欲しいとの強い要望があるようだ。

1   2    


「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。