「日本鬼子」美少女に大変身 中国ネット利用者は愕然

「日本鬼子」美少女に大変身 中国ネット利用者は愕然。 日本のマンガオタクたちは一枚上手だった。ネット上で「日本鬼子(ひのもと・おにこ)」と「小日本(コヒノモト・こにぽん)」という萌キャラまで作り、中国まで「萌え化」しようと言うのだ。確かにこれはユニークな考えだけれど、その効果はあるのだろうか…

タグ: 日本鬼子 美少女 大変身 中国 ネット利用者 愕然

発信時間: 2010-12-17 10:54:46 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

 

 

日本のネットユーザーは中国人をなめている?

ネット上の「萌え萌え作戦」を前に、中国のオタクたちは呆気に取られ、なすすべもない。「青年参考」では、中国の人々がネットに投稿したコメントが載せられていた。「こっちは怒っているというのに、なんとあっちは『萌え系の少女キャラ』で仕返しをしてきた。…一本取られたな」と悔しい想いをしていた人も居れば、日本のオタクたちの予想外の行動に驚いた人も多かった。「本当にびっくりした。まさかこんな事をするなんて、理解を超える。」そして、なかには日本人は中国人をバカにしていると感じた人もいる。「おバカな『小日本』、これで騙されるとでも思っているのだろうか。なんともばかばかしい!」今度は「中華支那子」というキャラまで作ってしまうのではないかと心配している人も居るようだ。

両国の関係が険悪ムードの今、日本のマンガオタクたちが叩きつけた「萌え」という挑戦状にそれほどの効果はなかった。しかし、日本のオタク文化の影響力は中国にとどまることなく、世界にも巨大なインパクトを与えているのは言うまでもない。上海万博の時、日本館で催されるアニソンアイドルのイベントに参加するために、わざわざ飛行機で駆けつけようとしていた中国のアニメファンも少なくなかった。そんななか、外交上の衝突のせいでイベントが中止になり、がっかりした人も多い。

オタクのカリスマ的存在として「オタクキング」と呼ばれている作家、岡田斗司夫氏は日本アニメの影響力についてこのように言っている。「海外が日本に抱いている印象は『エロス』でなければ『科学技術』である。日本の浮世絵がモネとゴッホに影響を与えてから、ずっと変わらない日本のイメージである。今の日本で、『エロス』と『科学技術』が一体になったものこそアニメである。」(特約記者:伍書遠)

     1   2   3    


日本人フルタイムスタッフ募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。