中日共同制作の映画「盛唐危機」が北京で開始

中日共同制作の映画「盛唐危機」が北京で開始。

タグ: 中日共同制作 映画 盛唐危機 北京

発信時間: 2011-04-26 14:42:13 | チャイナネット | 編集者にメールを送る
開始式典に参加する(左から)春秋鴻の田甜総経理、脚本の陳汗氏、中国電影(映画)集団の韓三平董事長、クアク・ジェヨン監督、日本のトライストーン・エンタテイメントの山本又一朗・代表取締役。

 北京春秋鴻文化投資有限公司と日本のトライストーン・エンタテイメントが共同で制作する映画「盛唐危機」が24日、北京でスタートした。同作品は映画「レッドクリフ」や「孔子」の脚本を担当した香港の陳汗氏が脚本を担当、「猟奇的な彼女」の韓国人監督・クァク・ジェヨン氏が監督をつとめ、秋にクランクインとなる。
 「人民網日本語版」2011年4月25日

日本人フルタイムスタッフ募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。