ホーム>中日両国
japanese.china.org.cn | 11. 08. 2017

日本物語(十一)、日光で味わう静かな日差し

タグ: 日光 雪山 温泉 神社 観光

日本の物語(十一)、日光で味わう静かな日差し

日光という名前だけで想像力が刺激される。静けさとうららかさに満ちたその町は、雪山と温泉、神社と寺を持つ不思議な場所だ。

東京から日光に向かう電車は、リズミカルに草原を貫く。窓外の日本家屋は豪華ではないが、小綺麗で整っている。風に吹かれる鯉のぼり、塀のピンク色のツツジ、姿を変え続ける雲が水田に映る。水と空は同じ色をしている。都市計画のない畑や村も、このように秩序正しいのだ。

窓外の風景もあり、この2時間の移動時間は退屈しなかった。遠くの連綿たる雪山が開けてくると、日光はもうすぐそこだ。この雪山の麓の町は、世の中から隔絶されたようにそこにあり、近づくだけで静けさを破ってしまうのではと思われるほどだ。

電車を降りると、美しい枝垂れ桜が満開だ。ここには春が訪れたばかりだった。町は山沿いにあり、緩やかな坂で冷たい空気を吸うことができる。春の日光はどこも日差しの味がする。

町全体の道路が山に向かい、雪山、温泉、滝とつながっている。それから世界文化遺産に登録された二社一寺へと。

町には温泉が点在している。鬼怒川温泉ほどではないが、静かに体験できる。残念ながら筆者は箱根温泉の方が有名だと思い、日光の温泉を見落としていた。そのため残りの時間は、ゆっくりと散歩に費やした。

道路の曲がり角で、雪山の全貌を見ることができた。これらは火山群だが、雪に覆われtいるため、永遠の静に変わっている。

道路両側には店が並んでいるが、素朴でのれんしか掛かっていない。工業的な雰囲気はなく、古代中国を想起させる。風がやみ花の香りが漂い、酒屋ののぼりが見える。遠くの山は黛のように黒いが、悲しみも憂いもない。

 

関連写真集:

日本物語(一)、幸福に彩られた東京タワー


日本物語(二)シーサー、一切衆生を誇らしげに守る


日本物語(三)玉泉洞、王国村の素晴らしい場所

日本物語(四)海洋博公園、日光の下での楽しい時間


日本物語(五)黒潮の海、ダークブルーの海の秘密を探る


日本物語(六)東中国海、一衣帯水の2つの世界

日本物語(七)琉球料理、多様なものが融合したグルメ

日本物語(八)首里城、栄光を感じさせる守礼之邦


日本物語(九)、渋谷であなたを待つ人

日本物語(十)、皇居東御苑で生花を想う

1   2   3   4   5   次へ  


 

コメント

コメント
名前
最新コメント (0)