中日両国>
japanese.china.org.cn |28. 06. 2019

習近平主席、日本の安倍晋三首相と会見

タグ: 大阪 G20 サミット 中日関係 

習近平国家主席(右)は27日、大阪で日本の安倍晋三首相と会見した。(大阪=新華社記者/鞠鵬)


 【新華社大阪6月28日】習近平国家主席は27日、大阪で日本の安倍晋三首相と会見した。


 習近平主席は次のように指摘した。世界は現在、百年ぶりの大きな変革を迎え、グローバルガバナンス体系は大きく再編され、国際情勢は変化を加速している。中日両国の共通の利益と共通の関心事はますます増えている。今年は中華人民共和国建国70周年に当たり、日本も令和時代に入った。われわれは新時代の要求に合致する中日関係の構築に共に尽力し、中日関係を、世界の平和を守り、共同発展を促進する重要で積極的な要素にしなければならない。


 習近平主席は次のように強調した。双方は中日の四つの政治文書が確立した諸原則を一貫して守り、中日の「互いを協力パートナーとし、互いに脅威とならない」という政治的共通認識を実行に移し、相互信頼を増進し、中日関係を終始、平和・友好・協力の正しい軌道に沿って前進させなければならない。われわれは日本企業が積極的に対中協力を拡大し、中国の発展の新たなチャンスを共有することを歓迎する。「一帯一路」共同建設の提唱は中日の互恵協力のために広い天地を切り開いた。日本の積極的な参加を歓迎する。


 習近平主席は更に次のように表明した。対話と協議を通じて矛盾と意見の相違を建設的に管理・コントロールし、外交・安全保障分野での対話を強化し、建設的な二国間安全保障関係を構築しなければならない。日本がこれまでの共通認識と約束を厳守し、歴史などの敏感な問題を適切に処理し、東中国海の平和と安定を共に守ることを希望する。中国は日本による20カ国・地域(G20)首脳会議(大阪サミット)の開催を支持し、サミットが多国間主義と自由貿易を守るとの明確な声を発し、世界経済の発展に安定した見通しと原動力を与えることを期待している。


 安倍首相は次のように表明した。日中関係が正常な軌道に戻ったことを喜んでいる。日本は「日中平和友好条約」など両国間の重要な政治文書を順守し、「競争を協調に変え、互いを協力パートナーとし、互いに脅威とならない」という共通認識に基づき、中国と引き続き共に努力し、新時代の要求に合致する日中関係を構築し、その長期的で安定した発展を確保したいと考えている。両国関係を更なる高みに引き上げるため、私は日本政府を代表して習近平国家主席に来春の国賓としての訪日を要請する。日本は経済貿易、投資、金融、イノベーションなどの分野での両国協力を拡大し、公平で開放的、透明、非差別的な市場環境を双方の企業に互いに提供することを希望している。日本は中国とともに、敏感な問題を適切に処理し、東中国海などの矛盾や意見の相違を効果的に管理・コントロールすることを望んでいる。さまざまなグローバル化の問題と課題には各国が手を携えて対応しなければならない。日本は中国が果たす重要な役割を重視し、中国との意思疎通と協力を強化し、自由で公平な貿易体制を守り、世界の平和と安定を促進するためにより大きな責任を担うことを期待している。

 

1  2  >