中日両国>
japanese.china.org.cn |20. 01. 2023

在日中国企業協会会長 新春のご挨拶

タグ: 新春

 在日中国企業協会会長

王家馴

 まもなく年が改まりますが、めでたい祝祭日を迎えると、親族や祖国を思う気持ちがあふれてまいります。

 旧年に別れを告げて新年を迎える喜ばしき時にあたり、在日中国企業協会を代表して、会員の皆様、大使館の皆様、各界の皆様、在日華人・華僑の皆様、留学生の皆様、少年・児童の皆様、親愛なる祖国の皆様に心からの新春のお慶びを申し上げます。

 2000年に発足した在日中国企業協会はここ20年あまり、大使館のご支援の下、グローバル化と規範化管理に基づき、イノベーションと発展、貢献、社会的責任をテーマとし、会員企業の数は十数社から150社以上にまで増え、中央企業(中央政府直属の国有企業)、国有企業、代表機関を主体とする企業協会へと成長してまいりました。そして、中国と日本の経済と貿易、金融の発展、友好交流において多大な貢献をしてまいりました。現在は境外中資企業商協会(海外の中国商工会議所)と交代で、副主席単位を務めております。

 在日中国企業協会は、祖国や日本で発生した新型コロナウイルス感染拡大や地震災害、また、貧困者支援活動において、社会的責任を負い、愛国心を示し、寄付や物資の寄贈などを行い、祖国を支援し、所在国で発生した災害や新型コロナウイルス感染拡大において、中国企業のイメージを確立し、高い評価と称賛のお言葉を頂戴してまいりました。

 昨年成功裏に開催された中国共産党第20回全国代表大会においては、社会主義現代化強国建設の号令がかかり、スケールの大きな目標が制定され、一里塚が築かれました。私達も方向性を明確にし、自信を強めることができました。

 昨年は中日国交正常化50周年だったことに続き、今年は「中日平和友好条約」締結45周年を迎えます。在日中国企業協会は、これまでと同じく、大使館の指導の下、中国共産党第20回全国代表大会の精神を徹底して実行し、「一帯一路」(the Belt and Road)建設を推進し、それに参加し、第三者協力を促進し、革新的発展を遂げ、さらに光り輝いていきたい次第です。

 最後になりますが、祖国の繁栄と国民の平穏な暮らしを祈念しております。

 そして月が静かに清らかに輝くように、中国の夢が叶うこと祈念しております。

 「人民網日本語版」2023年1月20日