張家口の競技場

張家口の競技場。 張家口市崇礼県はスキージャンプ、スノーボード、フリースタイルスキー、ノルディック複合競技、バイアスロン、クロスカントリースキーの競技を行う…

タグ: 張家口 競技場

発信時間: 2015-09-10 15:29:14 | チャイナネット | 編集者にメールを送る


張家口市崇礼県はスキージャンプ、スノーボード、フリースタイルスキー、ノルディック複合競技、バイアスロン、クロスカントリースキーの競技を行う。2015年1月19日、冬季五輪招致委員会は張家口市崇礼県の五輪競技場の建設計画について、北欧センタークロスカントリースキー場、北欧センタースキージャンプ場、バイアスロンセンター、雲頂スキー公園競技場AとBの5カ所の競技場を新たに建設すると発表した。

1. 北欧センタークロスカントリースキー場(新規建設)北欧センタークロスカントリースキー場は河北省張家口市崇礼県東部、明の長城遺跡に隣接した場所に建設。スキーコースから長城遺跡まで最も近いところで十数メートルで、クロスカントリースキーの競技場として使用できる。

2. 北欧センタースキージャンプ場(新規建設)北欧センタースキージャンプ場は河北省張家口市崇礼県東部、明の長城遺跡に隣接した場所に建設。スキーコースから長城遺跡まで最も近いところで十数メートルで、スキージャンプの競技場として使用できる。

3. バイアスロンセンター(新規建設)バイアスロンセンターは河北省張家口市崇礼県の山間地帯に建設。空気がきれいで広いスペースがあり、自然環境がよい。数種目の競技場を設置し、関連施設や冬季五輪のバイアスロンの競技を行える条件を十分に備える。

4. 雲頂スキー公園競技場A/B(Genting ski resort)雲頂スキー公園競技場は河北省張家口市崇礼県に建設。太行山と燕山が交わる大馬群山の中にあり、年間平均気温は3.3度、積雪日数は150日に及び、スキーコース87本の総距離は70キロメートル、面積は262ヘクタールに達し、1万9610人を収容できる。リフト22本の総距離は約30キロメートル、運搬能力は3万2520人、合理的収容人数は1万8240人。2022年の冬季五輪でスノーボードとフリースタイルスキーの競技場として使用する予定。

 

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2015年9月10日

1   2   3   4    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
iphoneでもチャイナネット!

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。

一覧同コラムの最新記事