ホーム>社会
japanese.china.org.cn | 25. 01. 2016

中国式冬休み 様々な実践活動に参加

タグ: 中国式 冬休み


2009~2010年の冬休み、ニュージーランドについて多くのことを学んだ。写真はニュージーランド南島で撮影

 

2009-2010年的寒假里我做了不少关于新西兰的研究。图:在新西兰南岛

 

僕の名前はモリッツ。ドイツ人の父親と中国人の母親を持つ17歳で、北京で生活して10年になる。国際学校に通っている。国際学校の冬休みは中国の学校と異なり、通常、クリスマスに3週間の休みがあるほか、春節に1~2週間の休みがある。毎年冬休み、僕は休みを利用して様々な実践活動に参加する。

僕が一番好きなことは旅行だ。国際学校は授業が少なく、両親も旅行が好きなため、僕に習い事をさせていない。旅行は視野を広げ多くの国や地域の文化を知ることができ、習い事よりも役に立つと思う。グローバル化が進む世界で、世界を知ることは非常に重要である。幼い頃、両親は仕事が忙しく、普段一緒に過ごすことは少なかったが、週末や休みになると時間を作って旅行に連れて行ってくれた。まだ行けていない場所は多くあるが、子供時代の冬休みの過ごし方に心残りはない。

 

 

我叫Moriz,是一名17岁的中德混血(妈妈中国人,爸爸德国人),在北京生活了十年,一直都在国际学校里上学。国际学校里的寒假跟中国学校的寒假不同,一般指圣诞节,放假三个星期,另外春节假约一至两个星期。每到寒假我都希望能够有效利用假期来进行一些丰富多彩的实践活动。

最喜爱的当然是旅行。国际学校的课业量相对较少,而且我的父母也非常喜欢旅行,所以他们也不给我安排学习班。我认为旅行比上补习班有用,因为旅行能够让人拓宽眼界和了解不同国家和地区的文化。在一个全球化的世界里认识世界是非常重要的。小时候我父母工作都非常的忙,虽然平时没有多少时间陪我做事,但是一旦到了周末或者假期,他们都会腾出时间来带我出门旅行。虽然现在我还有很多想去但还没有机会去的地方,但是我认为我童年的寒假没有留下什么遗憾。

 

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2016年1月26日

1   2   3   4   5   次へ  


 

コメント

コメント
名前
最新コメント (0)