チリ在住の中国人ママが育児を語る 授乳や外出の違い

チリ在住の中国人ママが育児を語る 授乳や外出の違い。 蘇州市で生まれ育った1985年以降生まれの雪妮さんはチリ出身の夫ジョージさんと北京で知り合い、チリで交際、結婚した…

タグ: 中国人 ママ 授乳

発信時間: 2017-05-15 10:02:26 | チャイナネット | 編集者にメールを送る
 
中西が調和した一家


中国網が5月15日に伝えたところによると、蘇州市で生まれ育った1985年以降生まれの雪妮さんはチリ出身の夫ジョージさんと北京で知り合い、チリで交際、結婚した。1人目の子どもの蘇蘇ちゃんは蘇州市で生まれ、2人目の言ちゃんはチリで生まれた。中国でもチリでも、このハーフの子どもたちは外出すると注目を浴び、通行人に挨拶され、「かわいい」と褒められる。中国にいるとき、従姉妹は彼女に「同僚がよく同じ住宅地に住むハーフの赤ちゃんがすごくかわいいと言っている」と話した。その赤ちゃんは偶然にも長女の蘇蘇ちゃんのことだった。

妊娠と出産は母親にとって一生忘れられない経験である。中国では母親の「座月子(産後の肥立ち)」の重要性を誰もが知っている。雪妮さんも、「月子の期間中に注意を怠ると、将来……」と言われたことがある。中国で蘇蘇ちゃんを産んだのは初春だった。まだ寒く、産後の出血がひどく、体が弱っており、おとなしく「座月子」をするしかなかった。1カ月も頭を洗えず、「かなり臭う」ような気がしたという。数年後、チリで言ちゃんを産み、外国では「座月子」をしなくていいと思っていた。雪妮さんはチリに「座月子」の習慣はなく、出産後に大げさに長期間我慢する必要もないと感じていたが、医者からは疲れがたまらないようにしっかりと休むように言われた。

 

 

雪妮是个地道的85后苏州姑娘,她和智利籍老公Jorge在北京相识,在智利恋爱、结婚。他们的大宝苏苏在苏州出生,二宝小言在智利出生。无论在中国还是智利,两个混血宝宝一出门都很引人注目,常有路人和他们打招呼,赞他们漂亮。特别是在国内的时候,有一次表妹告诉她,有一个同事时常跟她讲同小区有一个混血宝宝特别可爱,谁知她口中的宝宝居然就是女儿苏苏,很是巧合。

怀孕生子对每个妈妈来说,都是刻骨铭心的经历。在国人的认知里,女性产后“坐月子”的重要性几乎是不容置疑的。对于这一点,雪妮笑谈,自己也曾被吓唬说“如果月子里不注意,以后......”。在国内生苏苏时恰逢初春,天气还比较凉,加上她产后大出血,身体虚弱,只能乖乖坐月子,一个月都没有洗头洗澡,感觉很是“酸爽”。几年后,小言在智利出生,本以为国外不需要“坐月子”,可雪妮后来却发现,虽然在智利不存在“月子”的概念,产妇也不会夸张地坚忍长时间不洗头洗澡,医生依然会建议她们注意休息,避免劳累。

1   2   3   4    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。