新型コロナウイルス肺炎、早期の急変の段階に

新型コロナウイルス肺炎、早期の急変の段階に。

タグ:新型コロナウイルス肺炎

発信時間:2020-01-22 14:36:11 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

 湖北省武漢市など各地で最近発生している新型コロナウイルス肺炎が、人々から懸念されている。各地で感染者が報告されているが、これは全国的な大流行を意味するのだろうか。国家衛生健康委員会ハイレベル専門家チーム長、中国工程院院士、国家呼吸器系疾患臨床医学研究センター主任の鐘南山氏は、「現在の感染情勢は武漢市という地域における集中的な流行であり、その他の地方では散発的であるため、依然として局地的な流行に属する」と述べた。


 鐘氏は「現在は人から人への感染が確実に証明されており、医療関係者が感染している。調査によると、感染には現在絶えず新しい情況が生じているが、これはこの新型疾患が早期の急速に変化する段階にあることを意味する」と述べた。


 中国疾患予防・抑制センター疫学首席科学者の曾光氏は、武漢市では現在も児童や学生の感染が見つかっておらず、基本的に高齢者の感染になっていると述べた。


 曾氏は「感染は現在、コミュニティでの拡散の早期にある。現在措置を講じれば、完全に逆転させることが可能だ」と指摘した。


 感染症の発生後、党中央及び国務院は高度に重視し、綿密なプランを策定し、各勢力を組織し予防・抑制を展開した。効果的な措置をしっかり講じ、感染の蔓延を断固阻止した。中国は現在すでに新型コロナウイルスの全遺伝子配列を発表している。これは世界の科学者と公共衛生組織が診断キットの研究開発、及びウイルス病原性研究に加わるよう促す。


 感染者の地理的分布を見ると、武漢華南海鮮市場との間に大きな関連性を認められる。調査によると、海鮮市場ではこれまで、野生動物の違法販売が行われていた。


 中国科学院院士、中国疾患予防・抑制センター主任の高福氏は、「全遺伝子配列はその先祖が誰かを特定したようなものだ。その相似性に基づき、我々は野生動物が重要な力を発揮したと推測しているが、感染源は未だ不明で、具体的にどの動物であるか分かっていない」と説明した。


 鐘氏によると、感染症の特効薬は現時点で存在しない。現在は実験・観察が行われている。


「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月22日

TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで