「双11」早めにスタート EC最盛期との連合を実現か

「双11」早めにスタート EC最盛期との連合を実現か。国慶節の8連休、各大手ECサイトの動きが目立った。蘇寧易購は連休前に「双11」セールを早めに開始すると突然発表し、今年の「双11」を開始した…

タグ:ECサイト 連休

発信時間:2020-10-18 09:00:00 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

   国慶節の8連休、各大手ECサイトの動きが目立った。蘇寧易購は連休前に「双11」セールを早めに開始すると突然発表し、今年の「双11」を開始した。専門家は、「双11」セールの時期は今後早まる可能性があり、伝統的な販売の「金の九月、銀の十月」との連合を実現すると予想している。

 

 中秋節と国慶節の連休直前の9月28日、蘇寧易購はEC業界に衝撃をもたらす重大発表をした。蘇寧易購は9月28日に2020年「双11」セールを開始し、9月28日から10月8日の国慶節連休を「双11」セールのスタートに設定し、50億元規模の手当放出、全カテゴリ手当、1億点の超低価格人気アイテムの投入、価格保障11月12日まで延長などの政策を打ち出し、手当戦を早めに開始した。

 

 そのほかに、「金の九月、銀の十月」と言われる下半期の業界最盛期になり、大型連休を前に拼多多も下半期最初のSクラス大型セール「5周年記念イベント」を開始した。イベント期間は9月27日から10月20日までの24日間で、消費者の買い物周期をカバーし、蘇寧易購の行動とも「偶然一致」した。

 

 これについて、網経社電子商取引研究センターインターネット小売り部の主任で上級エコノミストの莫岱青氏は、蘇寧易購のこの行動は先例になると言え、「双11」を早めに開始したのは史上初だと述べた。莫岱青氏によると、淘宝、TikTok、京東、天猫、拼多多など各大手ECは「双11」の企業誘致規則をすでに発表しており、連休後に「双11」がスタートし、競争が激化する。そのため、蘇寧易購のこの行動は天猫、、京東、拼多多と時間差を作って対抗し、効果を上げようとしているとみられる。蘇寧易購は「双11」を早めに開始するという方法で優位に立ち、「フライング」して「場所取り」を実現する考えだという。

 

 網経社電子商取引研究センターの曹磊主任は以下の見解を示した。「双11」セールの時期は今後早まる可能性があり、伝統的な販売の「金の九月、銀の十月」との連合を実現するとみられる。「双11」の影響力、感染症流行の一部企業の年間売上高への影響を踏まえ、業者は「双11」を通した目標達成を目指している。これはECの年度セールの新たな変化である。

 

 上半期の感染症流行により、中国のネット通販の浸透率上昇は加速化し、ネットユーザーのネット通販依存度も非常に高い。網経社電子商取引研究センターの特約研究員で海南職業技術学院経管学院の准教授の劉俊斌氏は、連休効果、特に中秋節は中国で2番目に大きい伝統祝日であり、国慶節と合わさり効果が増大したとみている。多くの業者が割引イベントを展開し、売上増加を促した。そのほか、高品質低価格は最近の消費傾向とも合っており、ECサイトは低価格商品のグレードアップを強化し、ネットユーザーの素晴らしい生活というニーズを満たしている。

 

 網経社電子商取引研究センターの特約研究員の呉弥氏は、「感染症流行後の大型連休に人々の消費意欲が高まり、中でも各大手サイトは価格保障の‘双11’を約束し、店舗を跨ぐ割引を中心にセールを展開し、従来の割引が重なる方法より簡単になった。また、各大手物流業者も時間を保障し、消費者は注文しやくすくなり、まもなく訪れる‘双11’の配達ピークの渋滞を避けることもできる。今年の感染症流行により海外で買い物ができなくなり、今回の連休のセールでは輸入商品の売り上げはそれほど目立たなかったが、‘双11’では伸びる可能性がある」と話した。


「中国網日本語版(チャイナネット)」 2020年10月18日

TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで