科学技術の発展

四川省綿陽市科学技術博物館で強大な風力の推進の下で二人の体験者が空中飛行の動作を完了した

 1900年当時、現代科学技術は中国にまったく存在しなかった。その頃、微積分ができる人は全国で10人を超えなかった。しかし、21世紀初頭になると、中国のハイテク分野の研究レベルと世界の先進レベルの格差は目に見えて縮小し、原子力技術、宇宙飛行技術、高エネルギー物理学、バイオテクノロジー、コンピュータ技術、IT技術、人間型ロボット技術などを含む60%以上の技術が世界の先進レベルに達するか、それに近づくものとなった。2003年と2005年の有人宇宙船の打ち上げに成功したことは、中国の宇宙飛行技術が飛躍的な進歩をとげたことを示すものである。2004年2月にスタートした月探査計画に基づき、中国は2010年までに月に向かって無人探査機を打ち上げ、2020年までに月の表層物質の採取をなしとげることになっている。

 科学技術の進歩、科学技術によるイノベーションはしだいに法制化の軌道に乗せられている。1993年7月に発布された「中華人民共和国科学技術進歩法」は、中国の科学技術の発展目標、役割、資金源、奨励制度などを規定しており、中国が科学技術を発展させる上での基本的な法律となっている。2002年6月に発布、施行された「科学技術普及法」は、社会において科学技術を普及し、公民の科学の資質を高めることに関する行動基準である。各省、自治区、直轄市も一連の地方的法規を制定し、科学技術人材の導入、科学技術への資金投下の安定化、ハイテクの発展を保障している。

 科学技術事業の人的資源も目に見えて増えている。現在、中国が擁している科学者、技術者は3500万人であり、世界の1位にランクされている。専従の科学技術開発者は年間136万人であり、世界の2位にランクされている。科学技術人材の中で45歳以下の青壮年科学者は総人数の80%近くを占め、彼らはすでに中国科学技術事業の中堅となっている。

 国務院が2006年2月9日に発布した「国家中長期科学・技術の発展計画要綱(2006〜2020年)」は、今後15年間に突破を目指す16の重要分野を決めている。それは情報やバイオなどの戦略的産業分野やエネルギー、資源、環境、国民の健康などの重要かつ差し迫った問題および大型航空機の開発・製造、有人宇宙飛行、月探査プロジェクトとかかわりのあるものである。向こう15年間に中国は科学技術への資金投入を大幅に増やし、多元化、多ルートの科学技術投入システムを構築し、2020年までに、GDPに占める科学研究と実験経費の比率は2005年の1.34%から2.5%以上に増え、科学技術の進歩による貢献度は60%以上に向上する。

 「チャイナネット」2007/12/24

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved
E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000