海洋環境の保護

 

 1982年に発布された「海洋環境保護法」は1999年に改正され、2000年4月から施行された。同法は海洋環境の監督・管理や調査、モニタリング、観測、アセスメント、学術研究、汚染防止、海洋への廃棄物投棄禁止などに関する規定である。

  「渤海の青い海行動計画」は近年とられてきた海洋をきれいにするための措置である。これによって、海底油田・天然ガス田、船舶の廃棄物排出や海洋への廃棄物投棄などが規制されることになった。2006年に全国沿海防護林体系第1期プロジェクトが完工し、プロジェクト区域の森林カバー率は24.5%から35.5%まで上昇した。全国沿海防護林体系第2期プロジェクト建設企画も実施中である。

 現在、全国の海洋自然保護区は90カ所に達している。保護区には、学術研究や教学、自然史的価値のある海岸、河口、島しょなどの海洋生態環境、絶滅に瀕している中華白イルカなど希少海洋動物およびその生息地、マングローブ、サンゴ礁、海岸湿地など典型的な海洋生態系が保護されている。

 「チャイナネット」2007/12/24

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved
E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000