自動車道路

空から見た江蘇省連雲港から新疆ホルゴスに至る幹線国道安徽省区間

杭州湾を跨ぐ橋が急ピッチで建設されている。長さ36キロのこの橋は、目下のところ世界最長の海上橋である 

 政府はこれまでずっと自動車道路をインフラ整備加速の重要な内容の一つと見なしており、2006年末現在、全国の自動車道路開通距離の総延長は346万キロに達し、そのうち、高速道路は4万5300キロで、世界で2位にランクされている。総延長が3万5000キロで、「タテ5本、ヨコ7本」の12本もある国道主幹線は2007年末には建設が全部完了し、北京、上海とすべての直轄市、省都、区都などの大都市との間は高速道路を主とするハイグレード道路でつながることになり、結びつけられる都市の数は200以上に達する。2007年に、「タテ5本、ヨコ7本」国道主幹線の残る2385キロの完工を確保するほかに、高速道路がさらに5000キロ以上建設され、農村道路は30万キロ新規建設、改造されることになっている。

 2005年の初めに、「国家高速道路ネット建設計画」が国務院の認可を経て公布され、同計画の実施によって、「首都と省都をつなぎ、省都同士を結びつけ、主要都市をつなぎ、重要な県と市をカバーする」国家高速道路ネットワークが形成されることになった。総延長は約8万5000キロで、北京〜上海、北京〜台北、北京〜香港・澳門、北京〜昆明、北京〜ラサ、北京〜ウルムチ、北京〜ハルビンの7本の放射状に伸びる道路を含むものである。2010年までに、高速道路を2万4000キロ新規建設し、国家高速道路ネットワークの枠組みが基本的に形成される。

「チャイナネット」2008/01/02

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved
E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000