中国——上海協力機構(SCO)
薛建华

2006年9月22日、上海協力機構加盟国最高裁判所所長会議に出席した裁判所長たちが共同声明に調印した

 中国は上海協力機構の実務的協力とメカニズム構築の促進に力を入れ、本地域を恒久平和、共同繁栄の、調和のとれた地域に築き上げることに努めている。2006年は上海協力機構成立5周年とその前身である「上海5カ国」メカニズム樹立10周年にあたり、2006年の上海協力機構サミットは中国が主催し、中国、カザフスタン、キルギスタン、ロシア、タジキスタン、ウズベキスタンなど六つの加盟国の元首が出席した。モンゴル、パキスタン、イランの大統領およびインドの石油・天然ガス長官がオブザーバー国のハイレベル代表として列席し、アフガニスタン大統領とASEAN、独立国家共同体(CIS)のトップが議長国の来賓として列席した。6月15日に開催された上海協力機構加盟国首脳理事会の第6回会議で、胡錦涛主席は次のような重要演説を発表した。上海協力機構の成功した経験としては相互信頼、互恵、平等、話し合い、文明の多様性の尊重と、共同発展を求める「上海精神」を断固として揺るぎなく提唱し、それを実践することである。会議の後、6カ国の元首は「上海協力機構5周年宣言」および国際情報安全、テロ対策、教育、経済貿易、金融協力などの分野の重要な文書に調印した。

「チャイナネット」2008/01/08

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved
E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000