言語と文字
薛建华

 漢民族には自らの言語と文字がある。漢語は今では中国の共通語となっており、世界でも通用する言語の一つである。55の少数民族のうち、回族、満州族の二つの民族が漢語を使用しているほか、その他の53の民族は自分たちの民族の言語を使っている。文字のある民族が22あり、全部で28種の文字が使われている。現在、少数民族の学生の募集を主としている学校では、それぞれ自分たちの民族の文字の教科書を採用し、自分たちの民族の言語を使って授業を行うとともに、漢語の課程も設け、全国で通用する標準語と規範化された漢字を普及させている。

「チャイナネット」2008/01/11

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved
E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000