計画出産
薛建华

 中国は計画出産を基本的国策として推し進めている。中国の実施している計画出産は、国の指導と人々の自由意志とを結び付ける方法を取っている。国の指導は、中央と地方政府が人口の増加を抑え、人口の質を向上させ、人口の構成を改善する政策・法規とマクロの人口発展計画を制定するほか、全ての夫婦に出産保健、避妊、健康な子供を生み、育てることなどのコンサルタント、指導、技術サービスを提供することに表われている。人々の自由意志とは出産適齢期の夫婦が国の関連政策と法規の導きの下で、その年齢、健康状況、仕事と家庭の経済事情に基づいて、責任をもって、妊娠、出産を計画的に按配し、適切な避妊方法を選ぶことを指す。

 中国の現行の計画出産政策の主な内容は、晩婚晩育(遅めに結婚して遅めに子供を生む)、少なく生んで健康な子供を育てることを提唱し、一組の夫婦に子供一人ということを提唱している。農村地区では、確かに困難を抱えている夫婦は数年間の間隔を置いて二人目の子供を出産してもよいことになっている。少数民族地区では、それぞれの民族の自由意志とその民族の人口、資源、経済、文化と習俗など具体的な状況に基づいて、異なった規定が設けられている。一般には子供を2人生むことができ、地域によっては子供を3人生むこともでき、人口が少なすぎる少数民族に対しては出産数を制限していない。

 中国では計画出産政策が実施されてから、晩婚晩育、少なく生んで健康な子供を育てることが次第に社会の気風となっている。同時に、計画出産はまた中国の女性に結婚後の次から次への出産と重い家庭の負担から抜け出させ、母親と赤ん坊の健康レベルを高めることになった。

 「チャイナネット」2008/01/11

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved
E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000