気候
薛建华

高原の湿地

 中国の大部分の地域は北温帯にあり、気候が暖かく、四季の違いがはっきりしており、人類の居住と生存に適している。大陸性モンスーン気候が気候の主な特色である。毎年の9月から翌年の4月までは、乾燥した冷たい風がシベリアとモンゴル高原から吹いてきて、寒冷・乾燥のため南北の温度差が大きい。毎年の4月から9月までは、温暖・湿潤のモンスーンが東部と南部の海の方から吹いてくるため、気温が高く雨も多く、南北の温度差は非常に小さい。中国は南から北へと赤道地帯、熱帯、亜熱帯、暖温帯、温帯、寒温帯という六つの温度帯に分かれている。降水量は南東部から北西部へと次第に少なくなり、各地の年間平均降水量の差が大きく、南東部沿海地域では1500ミリ以上に達するのに対し、北西部の内陸地域では200ミリ以下でしかない。

「チャイナネット」2008/01/16

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved
E-mail: webmaster@china.org.cn Tel: 86-10-88828000