ホーム>>政治>>政府見解
中国外交部:BRICsの協力は第三国を脅かさない
発信時間: 2009-06-16 | チャイナネット

 

 

上海協力機構(SCO)指導者理事会第9回会議が、ロシアのエカテリンブルクで開催されている。中国代表団の新聞センターは15日夜、ブリーフィングを開き、中国外交部、商務部高官が上海協力機構サミットおよび中国、ブラジル、ロシア、インド(BRICs)首脳会議について記者の質問に答えた。中国外交部国際司の呉海竜司長は、「BRICs首脳会議は定期的に開かれるようになるのか」という質問に答えた際、次のように語った。

今回のBRICs首脳会議で検討されている重要な内容の一つは、4カ国の今後の協力の方向である。つまり、首脳会議、外相会合、財務相会合およびほかの大臣レベルの会議を開催する頻度である。4カ国の協力は公開かつ透明なものであり、第三国を脅かさず、対抗しない。「われわれは4カ国の協力に自信を持っている」と呉海竜司長は語った。

「4カ国の会合で超主権準備通貨について検討されるのか」との質問について、呉海竜司長は「今回の4カ国首脳会議の主な議題は金融危機対策である。4カ国は世界経済の発展において非常に重要な影響力を持つ国なので、関連問題について提案や意見が出されたら、それは合理的なものであろう」と答えた。

「チャイナネット」 2009年6月16日

 

  関連記事

· 駐中国ブラジル大使「BRICsは小集団化してはならない」

· 楊潔チ部長、BRICs外交閣僚会合に出席

· 楊潔チ外交部部長、BRICS外交閣僚会合に出席

· 胡錦濤主席がインド首相と会談、国境問題の早期解決を主張

· インドメディア 中国に期待しすぎる世界

  同コラムの最新記事

· 中国外交部:BRICsの協力は第三国を脅かさない

· 外交部、朝鮮の核実験に反対の立場を表明

· 中印辺境問題は交渉で解決

· パリ市がダライ・ラマに「名誉市民」授与 中国は強い不満を表明

· 米市長の隔離は「インフル予防上必要」 外交部