中共中央が徐才厚の党籍剥奪処分を決定

中共中央が徐才厚の党籍剥奪処分を決定。 中共中央は今年3月15日に党の規律条例に基づき、徐才厚の規律違反容疑について組織調査を行うことを決定…

タグ: 中共中央 徐才厚 党籍剥奪

発信時間: 2014-07-01 14:54:19 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

徐才厚 

 

習近平中共中央総書記は6月30日、中央政治局会議を招集し、中央軍事委員会紀律検査委員会から「徐才厚の重大な規律違反案件に対する審査に関する報告」を受け、「中国共産党規約」「中国共産党規律処分条例」の規定に基づき、徐才厚を党籍剥奪処分にするとともに、収賄容疑について最高人民検察院に送致したえうえ、法にのっとり処理する権限を軍事検察機関に与えることを決定した。 

中共中央は今年3月15日に党の規律条例に基づき、徐才厚の規律違反容疑について組織調査を行うことを決定。審査の結果、徐才厚が職務上の権限を利用して他者の昇進を助け、直接または家族を通じて賄賂を受け取っていたこと、職務上の影響力を利用して他者のために利益を図り、その家族が他者から財物を収受していたことがわかった。これは党の規律への重大な違反であるうえ、収賄罪の容疑があり、情状酌量の余地はなく、影響も悪質だ。 

会議は「徐才厚の重大な規律違反問題に対する取り調べと処分によって、党と軍の厳格な統制という党中央の鮮明な姿勢が一段と示され、腐敗に断固反対し、ゼロ容認の姿勢で腐敗を懲罰するとのわが党の断固たる決意がさらに示された。全党、全軍は反腐敗闘争の長期性、複雑性、困難さを十分に認識し、腐敗との闘いと清廉な政治の推進をより際立った位置に据え、規律違反案件、法律違反案件を断固として取り調べ、処分しなければならない。権力の大きさ、地位の高さに関わらず、いかなる者も党規律と国法を犯せば、いずれも厳粛に取り調べ、処分する必要がある。人民の軍隊は党の政治任務を遂行する武装集団であり、清廉な政治を行う党風樹立において高い基準、厳しい要求を堅持する必要がある。党内に腐敗した者が身を隠す場は断じて認めず、軍内にも腐敗した者が身を隠す場は断じて認めない」との認識を示した。(編集NA) 

 

「人民網日本語版」2014年7月1日

TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
iphoneでもチャイナネット!

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。