米国が南中国海介入に意欲的 喜ぶ日豪印

米国が南中国海介入に意欲的 喜ぶ日豪印。 トランプ政権発足以来、米国のアジア太平洋政策と南太平洋政策の空白と不確定性は、アジア太平洋諸国(特に同盟国とパートナー)の安全への懸念と焦りを深めた…

タグ: 南中国海 太平洋 情勢 COC

発信時間: 2017-08-07 16:31:53 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

フィリピンで開かれた第50回ASEAN外相会議は現地時間5日、南中国海行為準則(COC)枠組みを正式に承認した。同枠組みは、正式な行為準則の制定に向けた協議を推進するための、概要となる文書だ。この成果は長年に渡る南中国海の係争解決で得られた、初の重大な進展に変わると分析されている。

また米国のティラーソン国務長官も、就任後で初となる東南アジア歴訪(フィリピン、マレーシア、タイが中心)を終えた。トランプ政権発足後、一貫性のあるアジア政策を打ち出していないため、ティラーソン国務長官の今回の訪問には、米国が「この地域を忘れていない」ことをアピールする狙いがあったと見られる。

さらに重要なことは、米国が地域における存在感を強化するため、将来的に一部の手段を講じて南中国海を混乱させようとすることだ。

米国の南中国海での行動が頻繁化

トランプ政権発足以来、米国のアジア太平洋政策と南太平洋政策の空白と不確定性は、アジア太平洋諸国(特に同盟国とパートナー)の安全への懸念と焦りを深めた。今年6月上旬のアジア安全保障会議で、マティス国防長官は同盟国とパートナーを慰めようと「我々は長期的で確固不動の同盟国と共に努力し、地域安全の最大化を維持する。我々は平和を守る軍事的手段を確保する」と発言した。

米国メディアは先ほど、マティス国防長官が今年4月、ホワイトハウスに提出した年間計画書の内容を明らかにした。同計画は、米国が軍艦と軍機を南中国海に派遣し、中国の海洋権益と主張を妨害する今年1年間の具体的な内容を記した。トランプ大統領は、この計画を承認した。

米国の新たな南中国海における航行の自由作戦計画の実施により、南中国海情勢に全面的かつ深い悪影響が生じる。この新計画によると、米国の航行の自由作戦は決定権を下部組織に移譲し、決定の手続きを簡略化し、かつ基本的に軍主導となる。そのため米軍による同作戦が今後より頻繁化し、機動的になり、挑発の意味合いと政治性が強まると判断できる。

2つの影響

1   2    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。