share
政治・安全>
japanese.china.org.cn |21. 06. 2024

習近平総書記が寧夏回族自治区を視察「56の民族が1つにまとまっているのが中華民族共同体」

タグ:
「人民網日本語版」  |  2024-06-21

習近平総書記が寧夏回族自治区を視察「56の民族が1つにまとまっているのが中華民族共同体」--人民網日本語版--人民日報

習近平総書記は19日午後、寧夏回族自治区を視察した。新華社が伝えた。

習総書記は銀川市金鳳区長城花園社区(コミュニティ)を視察。 習総書記は、多民族の人々が集まり住むこのコミュニティが和気あいあいとしており、各民族の人々が仲睦まじく幸せに暮らしているのを見て、大変喜んだ。習総書記は「民族の団結は非常に重要であり、56の民族はザクロの種のようにしっかりと抱き合う必要がある。56の民族が1つにまとまっているのが中華民族共同体であり、中華民族は大きな家族だ。我々は共に奮闘し、中国式現代化を推進し、中華民族の偉大な復興を実現する」と表明した。(編集NA)

「人民網日本語版」2024年6月21日

1   2   3   4   >