ホーム>>中国における貧困撲滅対策>>西部大開発
発改委、新たな西部大開発政策を検討中
発信時間: 2009-06-26 | チャイナネット

国務院報道弁公室の25日の記者発表会の模様

国家発展改革委員会(発改委)西部開発司の李応明副司長は25日、2010年1月に西部大開発は10周年を迎え、西部大開発をより推進するために国は現在、新政策を検討していると明かした。

国務院報道弁公室の25日の記者発表会で、『関中・天水経済区の発展計画』、西部大開発の戦略的な重要地域の構築に関する状況が発表された。『関中・天水経済区の発展計画』では、関中・天水経済区を全国の内陸経済の開発・開放の戦略的重要地域とすることが提起された。

李応明氏は、「西部の3つの重点経済区の中で、広西北部湾経済区計画について国務院は早くも認可している。関中・天水経済区計画は国務院の認可が下りたばかりで、発改委からすでに計画を通達されている。成都重慶経済区の計画はまだ策定中である」と述べた。

関中・天水経済区の計画範囲には西安、咸陽、銅川、渭南、宝鶏、商洛の一部の県、楊凌農業ハイテク産業モデル区と甘粛省天水市管轄下の区域が含まれる。計画期間は2009年~2020年で、位置付けは西部と北部の内陸地域「開放開発の先行地区」である。ハイテク技術がリードする先進製造業の集中地域、観光、物流、金融、文化を主とする近代サービス業の集中地域、近代科学教育を下支えとする革新型地域、都市化水準が高く都市・農村の調和の取れた発展地区、総合的経済発展の中心地区、全国の総合改革試行モデル地区とすることを目的としている。

「チャイナネット」 2009年6月26日

  関連記事
  同コラムの最新記事

· チベット、農牧業区の医療衛生を大きく改善

· 西蔵、牧畜業が急成長

· 西蔵 4.86万キロの道路が整備

· 西蔵の経済社会発展に対する中央政府支援

· 西蔵の農業優遇措置 民生状況を改善