DATE: ホーム  
ホーム
中国三大名物楼の光岳楼の修繕工事が完了

光岳楼は国家クラスの重点文化財保護指定を受けた、聊城の歴史文化のシンボルである。それは岳陽楼、黄鶴楼とともに中国の三大名物楼と称され、中国で最も雄大で、最も高くて大きな古代建造物の1つである。これまでに、この楼は50年ごとに一回の大がかりな修繕が行われた。現在、国の文化財保護の「モデル」とたたえられているこの光岳楼はもう一度「リニューアル工事」を行う段階に入り、修繕施工期全体は3カ月続いた。

2010年8月19日、この著名な楼は首尾よく修繕工事を完成し、あらたに一般公開されることになった。

光岳楼は明の洪武7年(西暦1374年)に建造され、600余りの春夏秋冬の洗礼を経てきた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年9月6日